ホーム » 長野 » 例えば会話をする長野のママ活

カテゴリー

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

例えば会話をする長野のママ活

ワイ「例えば、これ」

マック「ああ、それは一般的なプロセスではありませんか?目はとても斑点があり、顎は薄いです。これも同様です。」長野のママ活

 

長野・松本でママ活できそうな女性 〜上田・飯田でもママ活にチャレンジしよう

ワイ「加工して可愛く見せてくれるものじゃないですか?」

マック「でも?」

ワイ「これかわいい?」

Mac “、、、(ハァッ)”長野のママ活

ため息をついて、ポンポンワイの肩

マック「かわいいと思うのは「青春だと思う」(笑)」

ワイ「ツイストみたいにストライク!」

マック「痛い!なに!かわいいと思うので投稿します!世代によって感性が違うのでやむを得ない!」

ワイ「ヌウ、ごめんなさい。本当です。わかりませんが、今日の若者はそんな女性がかわいいと感じています。」

マック「いいえ、これは本当にクールです」

ワイ「キモインカイ!」長野のママ活

マック「そうだね!目が垂れ下がるような灰色じゃないか!捕らえられたUMAだwww」

ワイ「いや、うれしい。自分の感性が世界からひどく切り離されるのではないかと心配だった」

マック「これは男性と女性の感性の違いですか?なぜなら、病棟の子供たちが「かわいい」と言っていることを理解しようとしているのですか?」

長野のママ活ワイ「いや!」

マック「そうじゃない?それだけだ。そうそう、病棟のXX…」

このようにして、長い冬の夜は終わりました。

逃亡者のように見える二人の会話は続く。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です